海外旅行保険付帯クレジットカード活用ナビ

HOMEクレジットカード選びの着眼点>学生専用のクレジットカード

学生専用のクレジットカード 社会人羨望の的!優遇特典付き学生カードも作成可能

海外旅行をきっかけにクレジットカードを作るという学生は少なくないようですが、自分にとってプラスになるカード作りができるよう、ある程度の知識を備えた上でのカード選びをおすすめします。当ページを読み進めることで、学生カードの魅力をはじめ、抑えておきたい一定知識が身につくと同時に、客観的データを元に好みや目的に合ったカード探しをすることも可能です。

作れるクレジットカードは二種類

学生が作れるクレジットカードには、二種類あることをまずは頭に入れておきましょう。在学中しか申込みできない①学生専用のクレジットカードと②学生・社会人問わず申込み可能な一部の一般カード。ゴールドカードのようなハイグレードなものは作れませんし、その必要もないでしょう。

一般カードも作れるというのがポイントで、学生だからと言って学生専用のクレジットカードしか作れないと思い込んでしまうと、選択肢を大幅に減らしてしまうことになり、カード選びに妥協を強いられる可能性が高まります。カード比較サイトの中には、学生向けカードということで、学生専用のクレジットカードのみを掲載しているケースが少なくないので注意が必要です。

それぞれの魅力は?

学生専用のクレジットカードと一般カード。それぞれの魅力に迫ります。

一部の学生専用カードには学生特権とも言える魅力ある特典があります

学生専用のクレジットカードの魅力は何と言っても、特典面で優遇されているということ。在学中という限られた期間ということで、カード会社側も思い切ったサービスを展開することができるのでしょう。申込資格のない一般社会人にとっては羨望の的でしかありません。

例えば、海外利用分5%キャッシュバックという、海外旅行者なら誰もが欲しがるであろうこの特典は、学生専用ライフカードでしか手に入れることができません。万単位の年会費が掛かるゴールドカードの類を見渡しても、同等サービスを提供しているものを見出すことはできません。

一般カードの魅力は選択肢の豊富さにあります

一般カードの魅力は、選択肢が多い点にあります。選択肢が多いことで、自分の好みや目的に合致したカードに出会える可能性が高まります。学生専用カードには、学生特権とも言える優れた特典が備わったものがいくつかありますが、それらが自身にとって魅力的なものでなければ意味がありません。一般カードの中にも年会費無料で、魅力的な特典を有するものは少なくありません。

抑えておくべき3つの注意点

クレジットカードを探したり、申込んだりする前に抑えておきたい注意点を3つ。

①クレジットカードは18歳になってから(高校生は原則不可)

クレジットカードを作れるようになるのは18歳になってから。ただし、高校在学中は無理で、卒業してからということになりますが、例外もあります。カード会社により対応が異なりますが、海外留学などを理由に海外に滞在する高校生に限っては、親権者の同意のもとクレジットカードを作ることが可能な場合もあります。サイト管理人が確認しているところでは、JALカードなどが高校生へのカード発行を行っております。

②未成年の場合は親権者の同意が必要

同じ学生でも20歳未満の未成年者と20歳以上では扱いが異なります。未成年者の場合は、クレジットカードの申込みに際して、親権者(普通は親)の同意が必要とされ、同意の確認がとれない場合は、審査で落とされてしまいます。そのため、申込みをする前に、親の了解を得ておきましょう。通常は、カード会社から親権者に電話があり、同意の確認がなされます。

③最終学年の場合は申込期限がある場合も・・

学生専用クレジットカードの中には、申込期限が設定されている場合があり、最終学年の場合は、期限に引っかかる場合があるので要注意。ANAカードの場合で11月、JALカードの場合は12月。学生専用ライフカードは2月に設定されています。一般カードには、そのような縛りはありません。

海外旅行保険付きクレジットカードを作る場合の注目ポイント

学生が作れるクレジットカードは、学生専用タイプのものと、一部の一般カードになるため、かなり種類は多くなりますが、海外旅行系特典という観点で考えるとかなり的が絞られますので、比較的探しやすいと思います。カード選びの際の注目ポイントについて以下まとめたので参考にしてみてください。

注目ポイント 説明 参考カード
年会費 特別な理由がない限りは、永久無料か条件付き無料カード、あるいは在学中無料カードで充分。ただし、わずかな年会費で魅力的な特典を有するものもあるので、無料にこだわり過ぎるのも問題。 多数
海外旅行保険 補償額 補償額は高いに越したことはありませんが、高額補償が必要になった際に困らないよう『治療費用補償』が高額のものがおすすめ。 エポスカード
学生専用ライフカード
オリコカードiB
付帯条件 海外旅行保険を利用する際に、旅費のカード払いが不要な自動付帯カードが○。 多数
医療費キャッシュレス 海外での医療費は、先に自分で払ってから、後で保険金をもらうのが基本のため、医療費が高額の場合は支払いに困ることも。医療費キャッシュレスサービスがあれば、提携病院に限られますが、保険会社が直接病院に支払ってくれるので助かります。 エポスカード
JCB EIT
その他 海外旅行保険とは別に海外旅行関連の特典が欲しい場合は、以下の観点から見てみることをおすすめします。
キャッシュバック 海外滞在中は何かと費用がかさみますが、海外でのカード利用分のうち、5%がキャッシュバックされるものもあります。 学生専用ライフカード
ポイント還元 ポイント還元率の高いカードであれば、国内は元より、海外旅行でのカード利用分から効率良くポイント還元が受けられます。 JCB EIT
マイル獲得 航空会社のマイレージカードを利用すれば、特典航空券(マイルとの交換でもらえる無料の航空券)に最短で近づけます。 ANA JCBカード(学生)
JALカードnavi

おすすめカード

サイト管理人がおすすめする3枚。迷う場合は是非。なお、学生向けのクレジットカードをお探しの方は、姉妹サイトの大学生のためのクレジットカード基礎知識もご参考下さい。学生でも作れるクレジットカードを多数ラインアップしています。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

海外利用で力を発揮。クラス最高水準の海外旅行保険はもちろん、旅費の一部が戻ってくる海外利用分5%キャッシュバックはメリット大。他のカードにはないオリジナル特典です。また、誕生月ポイント3倍も大人気特典。年会費永久無料で気軽に作れます。

三井住友VISAクラシックカードA(学生)※女性はアミティエカード(学生)

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

ブランド力、知名度とも抜群。学生カードの中でもトップクラスの人気。利用シーンを問わず、堂々使えます。海外旅行保険は元より、医療費キャッシュレスなど緊急時のアシスタンスサービスも充実。年会費に関しては、在学中も卒業後も容易に達成できる無料条件が設定されているので心配無用です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

学生専用というわけではありませんが、高額補償の海外旅行保険に手荷物無料宅配サービス(帰国時のみ)が付くなど海外旅行関連特典が充実。年会費3,000円(税別)は学生にはちょっと負担になろうかと思いますが、25歳以下限定の年会費無料キャンペーンが実施されていますので、海外旅行へ行く機会が豊富な方は検討してみることをおすすめします。

より多くの学生向けクレジットカードから最適な一枚を選びたいなら・・

当サイト管理人が運営する姉妹サイト『大学生のためのクレジットカード基礎知識』では、海外旅行保険や海外キャッシングなど海外に強いクレジットカードをはじめ、学生定番カード、電子マネー機能搭載カードなど様々な切り口でクレジットカードを紹介しています。是非ご参考下さい。海外志向の強い方には、海外旅行・留学を考えている学生におすすめのクレジットカードが参考になると思います。

ページトップへ