海外旅行保険付帯クレジットカード活用ナビ

HOMEクレジットカード選びの着眼点>年会費無料

年会費無料基本は無料カードで充分です

海外旅行保険付きクレジットカードを選ぶ際に重視すべきポイントを三つあげるとしたら、年会費と付帯条件(自動付帯)、補償額(高額補償)になろうかと思います。中でも年会費は最も重要な要素と言っても過言ではありません。

単純に海外旅行保険付きのクレジットカードが欲しいということであれば、年会費無料カードで十分です。無料で使える海外旅行保険を手に入れようというのに、年会費という維持コストをわざわざ払う必要はありません。補償額が足りないと感じるなら複数作るか、バラ掛け保険(フリープラン)を利用すればいいのです。

ただし、年会費が掛かる有料カードを否定しているわけではありません。当サイトに掲載しているクレジットカードの多くが年会費有料ですし、有料カードには有料カードなりの付加価値があるわけで、必要に応じて検討することをおすすめします。

例えば、家族特約であったり欠航・遅延補償、手荷物無料宅配サービスや空港ラウンジサービスなどプラスαの付加価値を求め場合は、有料カードの検討が必要になります。年会費以上の付加価値があって、自分にとって利用価値のあるものであれば、年会費が有料であろうとも検討に値するのは言うまでもありません。

年会費無料の色々永久無料ばかりではありません

年会費無料にも色々あります。年会費が一切掛からない永久無料。気楽に持つことができて理想的ですが、永久無料にこだわりすぎるのは要注意。他のカードに目がいきにくくなるためです。

その他には、期間限定の年会費無料カードがあります。初年度無料や5年間無料、学生限定の在学中無料などが該当します。また、条件を満たした場合に翌年度の年会費が無料になる条件付き無料や期間限定の年会費無料と条件付き無料が組み合わさったものなど色々なパターンがあります。

永久無料カードとともにおすすめするのは、条件付きの無料カード。条件付きの無料カードは、条件を満たす限りはずっと無料になるため、実質的に永久無料となる場合も少なくありません。例えば、年1回のカード利用で利用金額が問われていないケースなどは、実質無料と言っても過言ではありません。

おすすめカード

年会費無料のクレジットカードのうち、特におすすめのカードを紹介します。無料とは思えないほど充実した内容を持つものばかりですので、どれを選んでも間違いないでしょう。永久無料カードと条件付きの無料カード(オリコカードiBのみ)をピックアップしています。

1.JCB EIT高額補償に高還元、現地サポートも充実

JCB EIT

最高補償額2,000万円の海外旅行保険が自動付帯。医療費キャッシュレスサービスをはじめとする緊急時の現地サポートが充実。ポイント還元率が高い(1.0%)ため、旅費の支払いや旅行先でのショッピング、国内での普段使いにも適しています。

2.エポスカード治療費補償は超ゴールド級の最大270万円!

エポスカード

年会費無料でありながら、海外旅行保険の治療費用補償額はなんと最大270万円。治療費用補償を重視するなら迷わずエポスカードを選ぶべき。なお、優良会員と認められれば、エポスゴールドカードの永久無料会員へのステップアップの可能性も。

3.R-styleカード医療費キャッシュレスサービス搭載!

R-styleカード

年会費永久無料で高額補償の海外旅行保険が自動付帯。重要度の高い治療費用補償も最大200万円と高額な上、医療費キャッシュレスサービスが付くなどその安心度は抜群です。

ページトップへ