海外旅行保険付帯クレジットカード活用ナビ

HOMEクレジットカード選びの着眼点>家族特約

家族特約カードを作れない・作らない家族分の海外旅行保険は家族特約で対応

家族特約付きのカード一覧を今すぐ見る

家族の海外旅行保険をクレジットカードでまかなえれば、かなりの節約効果が期待できます。配偶者や18歳以上の高校卒業済みのお子さんでしたら、自分名義でクレジットカードを作ったり、家族カード会員になることで、海外旅行保険を確保することができますが、18歳未満でクレジットカードを作れないお子さんの場合は、家族特約で対処するしかありません。

家族特約付きクレジットカードを理解するための5つのポイント

申込む前に理解しておきたいポイントです。

家族特約付きクレジットカードの活用は最終手段

家族特約付きのクレジットカードの大半は年会費が掛かります。例外的に無料の場合もありますが、普通は安くても5,000円前後は掛かりますので、最終的な選択肢としてお考え下さい。家族カード会員あるいは家族の本人名義でクレジットカードが作れるなら、年会費無料のものを持ってもらうなどして海外旅行保険を確保した方が安上がりです。

本会員よりも補償額が少ない

家族特約の場合、本会員や家族カード会員より補償額が少なくなるのが一般的で、死亡/後遺障害補償に関しては、高額年会費のクレジットカードでも最大で1,000万円に制限されます。そのため、家族特約がついたクレジットカードを作る場合でも、配偶者など家族カードを作れる家族については、自分のカードを持ってもらった方がより充実した補償が得られるという意味でおすすめです。

なお、家族特約付きクレジットカードの家族カードは、本会員の年会費がそこそこ掛かるということもあって、有料になるケースが少なくありませんが、1人目に限って年会費を無料にしているケースは少なくありませんので、そのようなカードを活用してみてはいかがでしょう。

家族の範囲

家族特約が適用される家族の範囲は、カード毎に異なります。配偶者や子ども、親や兄弟などが含まれるケースもあれば、子どもだけの場合もあります。また、同居や同一生計、年齢など条件があるため、特約の範囲に含まれるか否は、個別に見ていかなければなりません。

一般的な傾向ですが、配偶者の場合は、同居・生計同一が問われるケースは少なく、子どもの場合は、同居の有無は問われないが、生計同一や年齢が問われるケースが多い。また、未婚を条件としているケースも目に付きます。その他兄弟や両親などは同居・生計同一といった条件が付くケースが多いようです。

親族・血族・姻族って?

家族特約の対象範囲については、『親族や血族、姻族』といった言葉が保険規約の中で頻繁に登場します。これらを正確に理解していないと自分の家族が該当するのか否かを正しく判断できない場合があります。

親族というのは①配偶者②6親等以内の血族③3親等以内の姻族を言います。血族とは自分の親や子、兄弟など血のつながりがある人を言います。姻族とは配偶者の親、兄弟などを言います。配偶者は親族ですが、血族でも姻族でもなく、~親等という言い方もありません。

親等 血族/自分の血縁 姻族/配偶者の血縁
1親等 親、子
2親等 祖父母、兄弟姉妹 祖父母、兄弟姉妹
3親等 曽祖父母、おじ、おば、甥、姪 曽祖父母、おじ、おば、甥、姪

生計をともにするとは

家族特約の対象家族の条件に生計をともにしていることが条件になっているケースが多いですが、具体的な説明がないケースを散見します。説明がある場合で見てみると、税法上の扶養家族であるか、健康保険の被扶養者であることがあげられているケースが多いようです。

家族特約付きクレジットカード比較表

家族特約付きのクレジットカードを詳細に比較検討できます。なお、家族特約の該当家族については、各カードの公式サイトで必ずご確認下さい。

家族特約 目安とお考え下さい
海外保険
付帯条件
自動付帯が一般的
税別年会費

おすすめカード

おすすめカードを一枚紹介します。迷った方はご参考になさってください。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

代表的ゴールドカード。年会費は税別10,000円ですが、税別4,000円まで割引可。家族特約に配偶者は含みませんが、家族カード(1人目無料)で対応可。20代なら三井住友VISAプライムゴールドカードがお勧め。割引後年会費1,500円(税別)と破格ながら、ゴールドと同等の内容です。

ページトップへ