海外旅行保険付帯クレジットカード活用ナビ

HOMEクレジットカード選びの着眼点>自動付帯

自動付帯使い勝手で選ぶなら自動付帯が断然有利

クレジットカードの海外旅行保険は付帯条件により、自動付帯と利用付帯の二つに分けられます。多くの方には、耳慣れない言葉だと思いますが、海外旅行保険付きのクレジットカードを探す際の最重要ワードです。知らないでいると思わぬ失敗を招いてしまいますのでご注意下さい。使い勝手が優れている自動付帯がおすすめですが、利用付帯だからと言って利用価値が全くないわけではありません。

自動付帯ってな~に?

自動付帯というのは、海外旅行へ出発する(自宅を出る)と同時に自動的に保険が掛かる仕組みを持つ海外旅行保険がセットされていることを意味し、利用の際に『旅費のカード払い』という条件が課されていないものを言います。一方、利用付帯とは、交通費やツアー代金など旅費のカード払いという条件を満たした場合に限り、自動的に保険が適用されるタイプの海外旅行保険がセットされていることを意味します。

いずれも書類提出など事前手続きは不要(例外がある可能性もあり)ですが、利用付帯の場合は、旅費のカード払いという条件が課せられる分、自動付帯よりも使い勝手が悪くなってしまいます。

その使い勝手の悪さは、海外旅行保険付きのクレジットカードを複数持って保険金額の合算を狙う場合にも現れます。旅費を支払う機会が何度もあるなら、その都度別の利用付帯カードで払えばいいのですが、旅費を払う機会が1度しかない場合は、1枚の海外旅行保険しか利用できません。自動付帯のクレジットカードであれば、持っているだけで保険金額の合算が実現します。

また、利用付帯カードなのに旅費のカード払いという条件を満たすことなく海外旅行へ出かけてしまった場合などは、保険未適用の状態となってしまいますので注意が必要です。自動付帯であれば、そのような注意も必要ありませんので気楽に利用できるというメリットがあります。

自動付帯と利用付帯 選ぶのはどっち?

旅費のカード払いという条件の有無は、使い勝手に大きく影響するので、迷うことなく自動付帯カードを選ぶことをおすすめします。利用付帯カードを選ぶのは、海外旅行保険以外の特典が非常に魅力的で、その特典に重きを置く場合や、90日超の旅行をする場合で補償期間の延長を狙う場合に限られます。

利用付帯は二種類

利用付帯カードは旅費のカード払いのタイミングで二種類に分けられます。出国前にしなければならないものと、出国前後のどちらでも構わないものとがあります。後者の場合で、出国後に旅費のカード払いを行った場合は、その時点からの保険適用になりますので注意が必要です。

【関連ページ】利用付帯カードを使う上での必須知識

自動付帯から利用付帯への変更に注意

カード会社のサービスに永遠はありません。廃止もあれば変更もあります。自動付帯だった海外旅行保険が利用付帯に変更されてしまう事例は楽天カードやVIASOカードなど、いくつかのクレジットカードで過去に見られましたし、これからもあるでしょう。利用者としては、これらの情報をしっかりキャッチすることが大切です。

保険開始時期に注意

海外旅行保険の自動付帯カードを持っていれば、海外旅行に出掛けるため自宅を出ると同時に自動的に保険が掛かる仕組みになっています。ただし、自宅を出てから出国までに友人宅や親戚宅などに宿泊するなど寄り道したり、空港までのアクセスが悪く、出国まで何日も要する場合は注意が必要です。

保険の開始時期についての説明は、カード会社毎に微妙に異なる表現をしていますが、例えば、ジャックスやジェーシービー、セゾンカードなどは、出国日前日の0時から保険が開始されるとありますので、自宅を出て3日目以降に出国する場合は、出発初日については保険が掛からないということを意味しますので注意が必要です。

自動付帯なら何でもいいとは限らない

一般的な海外旅行者が海外旅行保険付きのクレジットカードを選ぶ場合、自動付帯は最低条件の一つであって、自動付帯ならどんなカードでもいいとは限りません。例えば、自動付帯なのはいいけれど、必要な補償が欠如していたり、補償額が極端に低くセットされている場合などが該当します。自動付帯は、年会費などと同様に最低条件のひとつとして考え、プラスαの条件でより自分に適したカードを見つけるのがポイントです。

ページトップへ